師走も残り半分を切りました。

連日、冬講のお申し込みを多くいただき、
誠にありがとうございます。

 

 

 

「こだわる」

気にしなくてもいいようなことを気にする。
拘泥(こうでい)する。
(三省堂「大辞林」より)

…最近では、良い意味で使われることもあるようですが。

今回は
言葉の意味の変遷はさておき…

 

 

確かに、
他から見れば
取るに足りないことかもしれません。

 

しかし、
ここだけは譲れないということに「こだわり」
この冬も徹底的に追求していきます。

 

1つだけ挙げるとすると、
「空気感」

 

勉学に限らず、
同じ時間、同じ道具で
取り組んでも差がつく。

 

なぜか。

場の力が違うから。

 

どういう「空気感」を創り上げるか…
そのためにどういう仕掛けを施すか…

 

 

 

主人公は子どもたち
講師陣がほとばしる熱量を浴びせ
子どもたちを焚きつける。

そして、できるまで続ける。

だから、ガクシは強いんだ。

 

この冬も「空気感」に「こだわり」
圧勝させます。

 

この「空気感」が
ガクシのおもてなしです。