校内推薦を突破し

 

昨日、公立推薦入試を終えた生徒たち
(今日の授業はクタクタな様子でした。本番の緊張と安堵が伝わりました。)

 

 

志願書、面接、作文と時間を掛けて準備をしました。

 

冬講では、

声を荒げ本番に向かうための「気」を込めたり
作文添削では、話にならないと突き返したりと

 

 

子供達の本気を、私なりに引き出しました。

 

 

 

入試前日、推薦組の指導で子供達には

「将来」と
「失敗は成功のもと」という作文を書かせました。

 

 

作文がある高校を受験の6名は、
それぞれのストーリーを600~800字に込めました。

 

 

失敗という過去を思い出し、鉛筆を走らせ

 

そして、それぞれが共通に書いた最後の言葉は、
多少の表現は違っても

 

 

 

親や友達への「感謝」でした。
そして、その経験をいかして今後の歩みへつなげたいと言う宣言でした。

 

 

 

親、先生、友達への感謝の気持ち。
温かく嬉しくなりました。

 

 

 

今年も推薦入試に臨む子供達は、
自分のチカラで合格を掴むはずです。

 

 

 

 

高校入試に挑む子供達の心に「感謝」の気持ちが、支えとチカラになっていること。

 

 

通塾が当たり前の世の中になりつつあるなかで、
子供たちの自覚と成長を感じました。

 

 

公立入試、目前の保護者様、一人ひとりと向き合い精進します。
応援よろしくお願いします。

 

 

公立入試まで  あと28日