五期受験生、
すべての授業が終わった。

 

本戦突破へ、挑め!
20160306_225816_545

 

 

最後の授業、
受験ノートに、激励文を書いた。

 

一人ひとりの成長を思い浮かべた。

 

 

学力の伸長だけではない
「人の成長」を浮かべた。

 

 

全員に書いた最後の言葉
「ありがとう」

 

 

学志館は、保護者の方々と、まっすぐに伸びる 子供たちのお陰で、

 

今がある。

 

温かい今がある。

 

子供だからとか、親だからとか
先生だからとか、

 

人の学びに立場は関係ない。
だから、子供たちとは懸命に目標を目指せた。

 

 

いよいよ本戦へ、冷静に攻めてこい。

 

 

国語開始のチャイムは、

 

みんなが義務教育で育てた「生き抜くチカラ」をぶつける合図。

 

また、ひとり立ちへのスタートの合図です。
答案に懸命に込めてこい!健闘を祈ります。

 

 

 

保護者の皆様、
ご縁を頂き、また、ご指導いただきありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。