昨夜の雨にもかかわらず
塾に向かう道で見かける

 

さくらは咲いている。

ふんばっている。

 

お陰様で春期講習会も活気につつまれた。

 

最終日、

新中3生徒との会話で、卒塾生の話で盛り上がった。

後輩達も先輩達を追いかけている。

 

努力がつながっている

 

よき伝統は残せという言葉をよく聞く。

これは未来のための言葉だと思う。

 

新年度も微笑ましい子供たちと開始する。

 

はじめからできる子はいない。
しかし、すべての子供たちにはできるという可能性がある。

4月6日より

始動。

 

 

 

 

追記
4月1日突然死
冨吉翔太

心よりご冥福をお祈りいたします。

舞の里FC
根っからのサッカー少年
宗像高校から熊本大学へ志半ば

 

年末、
急にアメリカへ。。。。お母様との話。

翔太の人生
短くとも日々に込めたと信じている。

翔太ありがとう。