テスト(実力テスト)の意義、
子ども自身の課題ではなく、教育を施す側、子どもの生育環境を整える側の課題であること。

 

練習すれば、完璧ではなくても
大抵は、できるようになる。

 

テストは、不安に思わせるものではなく
苦手の発見と克服やある程度の指針に過ぎないということ。

 

学志館の合格判定模試やフクト公開テストも
単なる練習試合。
ただし、「練習は本番のように」
そして、悔しさや負けん気を育てたい。

 

朝夕、肌寒くなりました。
いよいよ本戦へ向けた追い込みを。

今日も笑顔でがんばろう :-)