ガクシの強みは

 

「こころ」があること。

 

再認識した。

 

数字はあくまでも指標。

 

もっと大切にしていることは、

 

授業にも、教材にも、生徒・保護者様・講師陣との関わりにも

 

「こころ」を込めること。

 

だから、時には、声を荒げる。

 

それでも、最後には笑顔があるように。

 

本気でぶつかるから、

 

血の通った指導ができる。

 

そういう自負と向上心と謙虚さをもって、

 

明日からも授業、冬支度、そして、越冬へ。

 

熱い冬期講習、ご期待ください。