夏の陣後半戦も全員驀進中!
残すところ2週間を切りました。

 

隙間がありません。
本当にあっという間です。

 

定期考査対策
受験対策
それぞれの目標に向けて
各校舎、各学年、各コース
学校にあわせて万全の対策進行中です。

 

いつもと違う夏とはいえ、
頑張る子どもたちの姿は
いつもと変わらないような気がする。

 

むしろ、いつもと違うからこそ
奮起して勉強しているようにも思われる。

 

いわゆる「場の力」「空気感」というものの効果か。
講師陣と子どもたちが一体となって
目の前のことに没頭している。

 

進学塾
知識を増やす…
点数を上げる…
それは当たり前。
実はそこではない。

 

それ以上に大事なこと。
それは「姿勢

子どもたちにとっても、
我々指導者にとっても。

夏期講習開始時と比べて
格段に「姿勢」がよくなった。

 

「姿勢」
①からだの構え。
②事に当たる態度。
(「広辞苑」より)

 

「事に当たる態度」は
「からだの構え」にあらわれる。

 

だから、「からだの構え」の指導にも手を抜かない。

 

自ずと心構えも磨かれていく。

 

背中は今の自分自身を語っている。

 

だから、いつも子どもたちの背中を見ている。

 

そして、時に背中を押す。

 

さあ、背筋をピンと伸ばして
今日もみんなでがんばろう(^^)/