同じ事象に対してでも

 

とらえ方は人それぞれ。

 

 

解釈はさまざま。

 

 

では、

どう考え、理解すべきなのか。

 

 

 

論ずることは簡単。

 

でも、そこで終わりではない。

 

その後がある。

 

 

 

できるところ、

できるようになったことも

きちんと見る。

 

 

 

「文脈」と「解釈」

これまでを見てきて、

これからを見すえて‥‥

どうとらえるか、

どうしていくか‥‥

 

 

 

どう受けとって

どう表すかは

周りの大人たち次第。

 

 

 

この夏も

集う子どもたちに

光を当てます。