子どもは成長する。

 

親は見守る。

 

3回我慢する。
4度目の正直で想いを伝える。

 

生きていく術。生き抜くチカラ。

 

本当の意味を、親が理解しないといけない。

 

心配するのは簡単で、
見守るのは難しい。

 

時代のせいにせずに
懇々と見守る。

 

子どもたちは、いつのまにか成長しているものだと思う。

 

その、いつのまにかくらいが丁度いい。

 

わかりにくい談義ですが、
親心をも背負っています。

 

子どもたちとともに葛藤して、
道を拓きます。

 

本日も5名様の入塾にさしあたり
改めて確認しました。

 

まもなく、熱血の冬講
スタートします。