自分という着ぐるみを着て、心をどう育てるか。

 

日々、修行で
すべてに意味がある。

 

落胆したとしても、起き上がるためには必要な挫折。
365日は全力疾走できない。

 

時には病という小休止も。

 

だけど、最後には笑っていたい。
受験生も、親も、働いている人も

 

みんな自分という着ぐるみを着ていると思う。