少々くだらない話。。。。

我が家では年中無休で七輪で調理をする。
子供達が喜ぶというのが一番の理由だ。

最近では、さんまを焼いていて通りかかった方に、「ガスが止まっているのですか」
まで問われた。。。。

(アウトドアを好む方には分かる話だろうが。)

木炭に火をつけるとき
まずは炎で焚きつける
昔は、新聞紙や周辺の枯れ木など莫大な量を燃やして、その中で炭に点火させた。

今は便利なもので、ガスバーナーというもので数分で点火できる。

ただ、火は燃えさかっているのだけど、なかなか食材は焼けていない
表面は燃えているが、炭の真まで燃えていないからだ。

むしろ、食事も佳境に入ったところで、木炭が真っ赤に最高の熱を出している。
おかげでキャベツも丸焦げだ。

志望校合格が最終目標ではない。
志望校合格は、木炭に火を焚きつけているところ。

ガスバーナーとまで言わないが、爆発に近い着火をするのが私の仕事。
そして、その炎を心底まで吸収し、熱を蓄えるかどうかが生徒の役目。

炭は湿ると火を吸収しない。

不安や葛藤まみれえの弱気では、学びを吸収できない。
志望校合格にすべてを捧げなければ大した成功はない。

高校、大学、その先と、
高校入試で燃え尽きてしまわないように。

そして、子供達が社会のど真ん中に立ったときに、
これまで蓄えた、

学ぶという熱
努力という熱
何よりも、「生き抜く情熱」が燃え盛るように、
毎日に込めて頑張ろう。

日々是修行
学志館5年目の冬に挑む

合格不合格を越えた
人間形成を大いに楽しもう。

あきらめなければ負けはない。