義務教育を終えようとする年の瀬に、
笑顔になれたこと。

 

 

今日が締切の塾課題に、
昨日、残り70ページ。
1か月前に課題を出して、合間には手は動かない。

 

昨日の会話。

 

彼はあきらめ顔で
「やばいです。」

「何としてでも終わらせてこい。」

そして、自習するペースもあがらない。

「終わらせることが目的。我慢して時間をつくりなさい。」

 

 

コロナ禍、自宅学習ができていないという
状況も考えつつ、叱咤する言葉を探していました。

 

そして、今日。

1人ずつ社会理科のテキストを、
きっちりとやれているかを確認する。

 

 

彼は、きっちりと完璧に仕上げていました。

 

子どもたちの背景を焼きつけて指導する。
性格や習熟の速度はそれぞれです。

 

信じきった先に、

子どもたちの「ちょっとした努力」が、
成長となり生き抜く強さになる。

 

志望校合格とともに、何を学ばせるか。

 

あたりまえに簡単にできる子もいれば、
できまで時間がかかる子もいます。

 

課題は中3クラスコース全員が必達。

 

必死に約束を守った彼に、

笑顔になれました。

 

ちょつとした子どもたちの成長を嬉しく思います。

そういう指導を実践します。