烏滸がましくも。

 

今の子どもたち。
学んでいる。

葛藤している。

 

その、子どもたちが、
将来を担うということ。

 

それしかない。
ともに学ぶという姿勢を崩さず。

 

将来を教え子たちに託す。

 

そこには、
家族があって
つながりをもった今がある。

 

たまたまでもいいのです。

 

懸命に。
一所懸命に集う子供たちと目指す。

 

時には、他人が教えることでスイッチが入ることがある。

 

その、たまたまで、
私たち講師たちは、生きがいとして子供たちと励みます。

 

20180923_103406893

 

努力の1ベージを、

夏に刻みます :-)

 

 

生きていくこと。

絶対は、ないけど、

生き抜くチカラは、懸命に教えます。

 

まずは、座り

じっくりと学ぶことからはじめます。