「わかりません。。。。」

 

考えもせず口にするなら勉強には毒となる。
世代によって前提が変わる。

 

義務教育
高校生
社会人。。。。

 

つなげるためには、
例えば、義務教育のなかにあるなら、自ら学びとる力を
例えば、社会人なら、我慢の3年後に主張する力を

 

世の中に出たら、わからないことばかり。
志望校合格に全力を注ぎながら、教えないといけない本意。
多少の成績の良し悪しがあっても、

 
みんなが横一線。

 

大人は、
理由を言わないことがよくある。

いい点数をとりなさい。
もっと勉強しなさい。

 

わたしなら、選択肢が増えるため。。。。くらい
どうせやるならトコトンしよう。。。くらい

 

社会人になるための力は、決して学力だけではないことを
大人が理解して、受験というものに臨みたい。

 

少々、学志館で「教える・学ぶ意味」が浸透してきている。

 

望むのは、子ども達が一所懸命、笑顔でがんばること。

夏が待ち遠しい。