2ヶ月。
できることをした。

もちろん、塾生です。
子供たちです。

 

大人は理屈で動き、業を成す。

 

子供たちの謳歌する時期に、
できないながらにやり抜く姿が見えた。

登塾日の10分で感じる。

 

 

のみ込まれずに、
各々が頑張っていた。

それこそが、私たちを突き動かすものでした。

段階的な再開に、
心と体がついていかないことも事実。

 

 

いいと思う。

考え方次第。

 

今できるという「今」が、
自分時間の今であることを忘れずに、

動ける時に動こう。

 

 

 

さぁ、中3の夏いよいよです。

 

 

コロナ_イラスト