最近の公立入試は、理科が得点のための教科。

公立入試前に、
3枚の攻略問題と
3回の公立そっくり模試

解説からの、できるまで再テスト

今年の理科は、この6枚で十分過ぎた。

図、問題…そのまま。

業界にとっては珍しい話ではない。

なぜ毎年そんなに的中するのか?

 

そこに注ぐエネルギーがより多いから。
そこに込める想いがより強いから。

 

執念と修練の積み重ねによって結実した「勘」
直感というと語弊はあるかもしれないが、
そういう目に見えないものを
学志館の講師陣はいつも大切にしている。

 

 

ここからが、大事。

学力と個々の能力を、どう合格へ結びつけるか

要は、
教材やプリント、テストに息を吹き込めるかどうか。

公立入試が、本戦なら、
定期考査は、模擬戦、

 

向かう気持ちを鍛える。
準備の準備をさせる。

 

もちろん愛情を込めて。

明日は公立発表
賽はふられている。

結果はどうであれ、それが学ぶ道。

大丈夫。

みんなに前進という春が来る。